PMSの治療方法について知る

PMSの治療方法は、薬物療法が中心となっているため、婦人科であれば低用量ピルが処方され、心療内科や精神科では精神安定剤や抗うつ剤などが処方されることが多いです。薬には即効性があるため、手軽に症状を抑えることができます。薬物療法で副作用が強く表れてしまう場合には、効果があらわれるまでに時間がかかりますが、副作用の心配が少ない漢方薬を使ったPMS治療、ビタミンやミネラルなどのサプリメントで栄養療法を行うところもあります。

↑PAGE TOP